腹筋系・背筋系をうまく使いパフォーマンスアップに繋げる

コンディショニングブリッジ/豊川/パーソナルケア/パーソナルトレーニング/スポーツ運動教室/パフォーマンス/アスリート/腹筋系/背筋系/ジャンプ力/コントロール/

 

 

アスレティックトレーナーの渡邉です。

 

 

今回は、もう一度「腹筋系・背筋系」についてお話をしていこうと思います。

その人に合ったトレーニングをすることは、トレーニングの効果を確実に上げていきます。

また、自分にあってないトレーニングを継続する事でコンディションが崩れてしまう可能性もあるので注意が必要です。

今回は腹筋系・背筋系の特徴が競技でどのように生かされてくるか、どのようにトレーニングに反映していくかについて

お話ししていきたいと思います。

 

ところで、、、

 

腹筋系・背筋系どちらがいいの????

結論から言うと、腹筋系・背筋系は右利き・左利きのようなもので、特徴になりますので「良い・悪い」ではないのです。

以前、パフォーマンスチェックを活用して自分の体がどちらのタイプか分かったと思います。

まだチェックできていない方は、こちらをご覧になってから読み進めてみてください。

 

https://conditioning-bridge.com/performance-check

 

瞬発系な跳ねる動きや飛ぶ動きに関しては背筋系の方が有利です。

器用にコントロールしたり細かい動きには、腹筋系の方が有利になります。

場面に応じて、有利なタイプが変わってきます。

つまり、何が大事かと言いますと・・・

場面に合わせて使い分けれる体であることが競技で力を発揮する上では重要

と言うことです。

2個の事例を用いて、説明していきたいと思います。

①ジャンプ力を上げたいならどんなトレーニングがいいでしょうか???

ジャンプ力と言われて、闇雲にジャンプの練習をしていては効果は出てこないでしょう。

ここで、自分がどちらのタイプかを把握する必要があります。

あなたが腹筋系であれば、ジャンプの練習だけをしても効果は得られないことの方が多いでしょう。

飛ぶ・跳ねるといった「ぴょんぴょん」した動きは背筋系の特徴になります。

 

ですので、背筋系の人は得意な動きとなり、ジャンプの練習で効果が出やすいです。

では、腹筋系の人はどうすればいいか???

以前説明したように、腹筋系・背筋系は右利き・左利きのようなものです。

つまり、苦手な動きを練習することで利きの差が埋められるのです。

腹筋系の人は、背筋系のトレーニングを積み、背筋系を使えるようにすることで

ジャンプ力を向上させる準備ができ、ジャンプにおいてトレーニングの効果が得られやすくなります。

ジャンプ力だけではなく、瞬発的な動きを作ろうと思うと背筋系の動きが獲得できているのが

最低条件になります。

もちろん、ジャンプやダッシュなど瞬発力には、筋力や出力、筋の収縮速度、収縮様式など様々な要素があるので

そこは、信頼できる専門家に尋ねて、的確な指導を受けることが一番いい方法だと思います。

②細かい動こきやコントロールを上達させたいなら???

細かい動きとは、ゴロ捕球(野球)、卓球など自分の目の前で物事をコントロールする時、

背筋系の瞬発的な動きでは、これらの動作に当てはめることができません。

ここで有利なのが、腹筋系になります。

腹筋系は、衝撃を吸収したり、手先の器用さなど目の前のコントロールに長けています

では、それが苦手な背筋系はどうすればいいか???

これは、腹筋系の練習をすればいいと言うことになります。

苦手な動きはコツコツ練習を積み重ねることで克服することができます。

腹筋系のトレーニングは、こちらになります。

背筋系の人は、かなり苦手な動きになります。頑張って克服する事で、身体のバランスが整い

コントロールがうまくなります。

逆に、腹筋系の方はうまくできないとまずい種目になりますので是非やってみてください。

どちらもうまく使える選手になることが、一流やプロを目指す上では必須です。

 

なぜ使えこなせないといけないのでしょうか?

幅広く様々なトレーニングをすることは、

イメージ力や感じる力など感性を高めます。

また、感性が高まり自分と違うタイプを知ることができ、受けいれることができるようになると

 

人格・人間力(教える・助ける・自他を愛する)を鍛えることにも繋がります。

こちらも一流・プロを目指す上では、欠かせない要素になります。

 

様々な視点を持つためのトレーニングをすることで

 

人格・人間力と言われる、感情指数が向上しますこれをEQと呼びます。

このEQが高い選手になれることが、将来的に伸びていく選手になります。

 

スポーツを通じて、このような能力を高める事で、社会に出てからもリーダーとして活躍ができる土台づくりになりますので

 

学生時代から、視野を広く取り組んでもらえたらと思っています。

 

是非みなさんも、自分がどちらのタイプなのかを確認してトレーニングに励んでみてください。

 

自分の身体を詳しくチェックして欲しい、自分に合ったトレーニングをしたいと言う方はこちらからお申し込みください。

株式会社conditioning BRIDGE

パーソナルケア・トレーニング

https://conditioning-bridge.com/personal-training