子供達の能力を引き出すために必要なこと! 「運動軸」

豊川市/筋膜調整/パーソナルトレーニングスタジオ

コンディショニングブリッジの四ノ宮祐介です。

 

コンディショニングブリッジの特徴としてパーソナルケアやトレーニングを通じて「その人、その人に合わせた個性に応じた身体づくり」をすることができ、あなたがイキイキとした「動きを取り戻し、獲得できる」ことです。

 

どうやって?と思いませんか

 

それは、身体の動きや、あなたの体の特性、性能、体の緩み、軸などを確認して

現在のあなたがその特性や性能、軸にあった動きをしているのか?という所をチェックするのです!

 

体からの訴えは人それぞれ!

いわゆる「ストレス」として体を受容器として、脳は感知して、抵抗するようになります。

  • 体調がすぐれない
  • めまいがする
  • 頭痛がする
  • 朝から眠い
  • 甘いものを食べてしまう
  • 体重が増えてしまう
  • 体が重い
  • 集中ができない

 

どれか一つでも当てはまるものはありますか?

 

一つでも当てはまるものがあれば、あなたの体のコンディションは低下してきていることが考えられます!

 

病院で検査をしても、特に問題がないのになぜ?

 

症状で悩んでいたり、病気があるのかという不安は残ってしまいますよね!

 

要因の一つ目『運動軸』を知るです!

人間はあなたの得意とする動作が存在するのです。

例えば

  • 手が右利き
  • 足が右利き(自然と足が素早くでる側)
  • 立っているとき、動いているときにリラックスできる
  • 座っている方がリラックスできる
  • 効き目

このような確認をする事で

 

あなたの運動軸がわかります!

 

運動軸がわかるという事は、回転動作のあるスポーツにおいては非常に重要になります。

 

 

このように、

利き手が右側

利き足が右側の場合は

 

このように体の質量中心点がみぞおちあたりにあり

 

この質量中心点が右側にシフトして、重心が右よりに位置するように

 

なります。

 

右投げの選手の場合は

右肩から右脚への重心線が通ることになります

そのため、右側寄りに中心に回転軸ができますので、人によって割合はありますが

 

右側に軸ができ、右側で回転しやすい状態となるのです!

 

また右側の方が前方推進力がスムースになる状態となります。

 

左が利き脚の場合は、斜めの重心軸になります

左側に軸ができ、左側で回転しやすい状態

前方推進力は左側の方がスムースになる状態となります。

 

※利き脚を知る方法としては、

後ろから軽く押し、自然と足が出た側

2回目はジャンプをしてから、同様に後ろから押してみて判断をしてください。

 

注意点としては

 

背骨の動きをしっかりと多方向に動かす事が、一つだけの軸に頼らず、様々な重心コントロールをする事ができ、パフォーマンスアップには欠かせない動きづくりになりますので質量中心点が左右に移動できるようにしておけると、

 

  • 下肢筋力の向上
  • 腕の回しがスムースとなる
  • オーバーヘッド動作が行いやすくなる
  • 集中力の向上
  • バランス能力の向上

 

と様々な良い影響を及ぼしますので、選手、子供、大人の方、痛みで困っている方

全てにおいて確認する項目になりますので大切なポイントになります! 

 

指導者への利点

ポジションの適正、選手起用方法など指導者の方々も知っておくと参考になると思います。

 

 

チーム全体のチェック、個別に選手へのチェック、指導者へ指導方法の確認ができます。

ご要望がありましたらこちらまでご連絡ください。

パーソナルケア