小学校6年生が4ヶ月で5キロの体重増加に成功しました!!!

 

こんにちは。トレーナーの渡邉です。

 

普段、中学生や小学生のトレーニング指導している中で、

親御さんから「子供の体重が増えない」という悩みをよく聞きます。

実際、来ていただくお子様を見ていると細い子が多いと実感しています。

 

でも、ほとんどの方がいっぱい食べていたり、

親御さんも多めにご飯を作ったり、食べやすくしたり

すごく努力していらっしゃいます。

 

お子様も、平日は学校でたくさん動きますし、下校後も外で遊んだりします。

休日は、クラブやチームの練習で1日中動きまわります。

そうなると、運動で使うエネルギーがとても多く、エネルギーの補給が間に合わないですよね。

 

いっぱい食べているのに体重が増えないという方は

タイミング内臓が大きなポイントになるかもしれません。

 

実際に、食事のタイミング体を整えるトレーニングに取り組み

BRIDGE野球アカデミーに通っていただいたお子様は

4ヶ月の期間で、

多い子は、体重が5.3kg増えています。

少ない子でも体重が1.7kg増えています。

この子は脂肪は減少し、筋肉量だけで増えています。

とてもすごいです。

5名の平均で、体重が3.7kgも増えました。

こちらは、BRIDGE野球アカデミーの生徒の変化です。

そのタイミングとは

ずばり、「朝」です。

朝の食事量を増やすだけで

日中の空腹を避けることができます。

また、朝というのは前日の晩ごはんからものすごく時間が経っています。

例えば、夜8時にご飯を食べたとして、次の日の朝食を7時に食べるとすると

11時間も何も食べていないことになります。

さすがに寝ているとはいえ、活発なお子様が11時間も何も食べないとエネルギーは不足します。

そして、朝食を厳かにしてしまうと、給食の時間までの16時間をまともな食事なしで過ごすことになります。

その状態で運動をしたり、生活をしたりするだけで体重は減っていきます。

なので朝しっかり食べることがとでも大事です。

具体的に何を食べればいいのか

BRIDGE野球アカデミーに通っていただいたお子様は

朝に「麺類」を食べています。

うどん、蕎麦は炭水化物になりますので、動くために必要なエネルギーを取ることができます。

 

麺類は食べやすいというメリットがあります。

朝起きて、麺類の方がスムーズに食べることができます。食べられるようになったら、+白米も食べていきます。

 

ご飯でもしっかり食べれているという方はそのままでもいいです。

まずは、食べやすいものから挑戦していきましょう。

食べた栄養がちゃんと消化吸収されているか

食事の量を増やすと、それに伴い内臓(胃や腸)が忙しくなります。

栄養は消化吸収されなければ、便として排泄されます。

いっぱい食べていても体重が増えないお子様は体にも

体重が増えない理由があるかもしれません。

一度、お子様のお体を確認してみてください。

  • 鳩胸・猫背
  • お腹周りが硬い
  • 便秘・下痢

の項目に1つでも当てはまれば、

内臓がしっかり働いていない可能性があります。

 

姿勢を整えるマッサージとトレーニングを行います

対応方法として

  • 鳩胸、猫背に対して、フォームローラー などでマッサージを行いましょう
  • 腹筋、背筋を使いバランスを整えるための体操を実施します。

背筋側を促す体操

運動をするための運動前のトレーニングになり

体を整えるための第一優先として朝・晩と行ってもらいます。

 

腹筋側を促す体操

 

BRIDGE野球アカデミーでは、上記の項目を改善する運動やトレーニングを

メニューに取り入れて行ってもらっています。

 

通っていただいているお子様は、毎日その運動をして体を整えています。

栄養をたくさんとり、それを消化吸収するために体を整えた結果

全員体重が増えることができたと思います。

親御さん、お子様共に、とてもがんばりました。

 

体重増加に関して追加の記事があります。

こちらもご覧になるとスムーズに体重が増えるかもしれません。

いっぱい食べても体重が増えない 2つの理由

 

もし、いっぱい食べているのに体重が増えない

何を食べればいいかわからない

などお困りのことがあればいつでもご相談ください。

https://conditioning-bridge.com/personal-menu