スポーツの「靴」の持ち味とは!?

コンディショニングブリッジ/豊川/パーソナルケア/パーソナルトレーニング/スポーツ運動教室/パフォーマンス/野球/陸上/シューズ/スパイク

 

アスレティックトレーナーの渡邉です。

 

今日は、靴から体やスポーツに適応させていくと言うことを考えていきます。

わかりやすい例でいくと、陸上のシューズです。

クッションの厚みやスパイクの刃の位置、ソールの硬さなど全然違ってきます。

背筋系・腹筋系にも繋がるお話になりますので、是非ご覧ください。

スプリントシューズに求められる身体の能力

速く走るためには、背筋系が有利だと言うことをお伝えしました。

早速、走るときにスピードを求められる陸上短距離のシューズを見てみましょう。アシックス,asics , アシックス 短距離 ハードル用 陸上スパイク SP ...

スパイクの刃は爪先のほうについていることが分かります。踵には何もついていません。

つまり、

速く走るときは踵は使わず爪先の方で走ることが必要だと言えます。

そしてソールはクッションがなく、硬く曲がりにくい素材でできています。

これは、地面を反発し推進力を得るためです。

このことから、身体に求められる能力は、

接地時に足部の内側アーチを潰さないように外側アーチもうまく使って反発していくこと

です。

要するに、これらの特徴が背筋系とマッチしてくるわけです。

 

つまり、

背筋系の動きを習得することが、スピードを求めるための体づくりになる

と言うことになります。

 

ランニングシューズに求められる身体の能力

次に、ランニング用のシューズを見てみましょう。

こちらは、持久力が求められ長く走ることが目的のシューズになっています。

ナイキ、「厚底シューズ」最新作を正式発表! 前足部に「ナイキ エア ...

特徴としては、分厚いソールが目立ちます。これは、踵で力を吸収することに特化しています。

走行中は、

 

踵から力を吸収して爪先に体重を移動していく

ことになり、ここがスプリントと大きく変わってきます。

 

身体の真下に足を接地するスプリントと違い、身体よりも前に接地するランニングでは、

踵にあるクッションで地面からの反力を吸収することになります。

反発までの時間が長くなってしまいますが、長い距離を走る中で

身体の負担や疲労を軽減させる役割を果たしてくれます。

 

これらの

吸収すると言うことやを使うと言うことが腹筋系の特徴になります。

 

他のスポーツで求められる能力は?

 

「サッカー スパ...」の画像検索結果「野球 スパイク」の画像検索結果

こちらは、サッカー・アメフト・ラグビー用と野球のスパイクになります。

スプリントシューズと違い、前に後ろにも刃がついているのが分かります。

前の刃は、

スタートダッシュなどの加速の局面で使われます。→背筋系

後ろの刃は、

ストップ動作など減速の局面で使われます。→腹筋系

 

要するに、

一つの競技内で、どちらも必要になってくると言うことです。

さらに、吸収と反発を組み合わせて、さらに力強い動きを出すことも必要になります。

 

道具の特徴を知ることは、道具を使いこなすことにつながり、

パフォーマンス向上にも影響してきます。

 

今回は、シューズから考える求められる身体の能力を考えてみました。

 

皆さんも、競技で使っている道具をよく見て、理由を考えてみてください!

 

靴は競技に必要な、機能がついています。その機能を発揮できるように道具を大切にしてみてください!