「足から生じる」お悩みのある方へ インソール作成します。

筋膜調整、インソール作成のできるpersonal care&training studio

Conditioning BRIDGE 代表の四ノ宮祐介です。

 

ながく頭痛や耳鳴り・歯の痛みがあり、病院で検査をしても問題はないけど、症状が改善されずに

悩んでいる方は本当に多く来院されています。

 

そんな中で、数回の施術で改善し、驚かれていますが、(お客様の声より)

 

そこでポイントとなるのが

 

足の変形からくる問題なんです!

 

  • 外反母趾
  • 扁平足
  • 胼胝(タコなど)
  • 皮膚の硬さ
  • 足の変形(外脛骨、三角骨障害)
  • 足の問題に伴う、姿勢の崩れや、痛みのある方

 

このような状態で過ごしていることで、様々なトラブルが生じてしまいやすくなります。

 

私の施術でも、大切になることが「足の変形」を確認することから始まります。

 

変形があることが問題でなく、足の機能が低下してしまうことで、頭痛や腰痛など

 

身体全体への症状へと波及をしてしまうのです。http://conditioning-bridge.com/personal-care-headache-2018

 

この改善に向けて、足先の筋膜の緊張や肩さが原因で、末端から引っ張られてしまい、

 

足先から頸・頭部への問題が生じてしまうのです。

 

また筋膜は内臓を腹膜を介して、繋がっているので血液循環機能が低下することや、内臓機能の低下、自律神経機能にまで影響を及ぼしてしまうのです。

 

関節の痛み、運動機能、パフォーマンスを低下させてしまう原因については

地面からの力(床反力)を、上手に体で受けとめられずに

・部分的に負担が生じてしまう

・前方への推進力が低下して、効率の悪くなってしまう

・下半身のパワーが低下して、体幹・上半身に力が伝わらない

このような「痛み」と「パフォーマンス低下」という問題が生じてしまいます。

 

ConditioningBRIDGEのインソールはここが違う

入谷式足底挿版(インソール)

型を取り、現状の形に対して安定させるものではなく

 

足の機能を改善を目的としているため、上記の問題点に対して「動きを変える・維持をする」ためのインソールになります。

 

筋膜での調整を行い、スムースな動きが獲得できた後に

 

それでも足の変形(扁平足、外反母趾など)、体重を支えきれない、さらに機能しやすくするためにインソールを作成いたします。

 

そのため、「動きがみれるセラピスト」であることが大切です。インソールだけでなく、目的とする動きが理解できないといけないので、施術者自身が作成をすることがポイントになっています。

 

1、歩行をみる、痛みのある動きをみる、スポーツ競技の動きをみる

2、テーピングで目的とする動きを創る

3、インソールを削る

4、靴と合わせて調整する

 

これで完成になります。

 

5、動きの再確認を行います。

 

本日は、78歳の方のインソールを作成させて頂きました。

 

こちらの方は、

 

  1. 足の変形で、足底部が地面にあたり痛みを認める
  2. 重心移動がうまくできず、臀部から脚に痛みを認める
  3. 歩きにくさ

 

とういう症状を認めていました。

 

施術と運動指導をさせて頂き、臀部から脚への痛みは改善することができましたが

 

歩きにくさ、変形部分が地面にあたり痛みは残存していましたので

 

  • 地面にあたらずに、前に進みやすくなるように

作成をさせて頂き、上記訴えは改善することができました。

 

最終的に足部の問題が残存し、問題が残っている場合は

 

インソールを作成していくことをお勧めしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

▼パーソナルケア:http://conditioning-bridge.com/